アメリカ国内配達、カナダ国内配達、ヨーロッパ国内配達

オルリスタットは減量薬としてどのように機能しますか

World Population Reviewのデータによると、米国は人口の肥満で世界第12位にランクされています。 疾病対策センター(CDC)は、36.9年に収集されたデータに基づいて、20歳以上のアメリカ人成人の2016%が肥満であると推定しています。

公式統計によると、女性の41.1%、男性の37.9%、つまり160億XNUMX千万人以上のアメリカ人が肥満と闘っています。 現在の統計では、過去XNUMX年間にアメリカ人の肥満がXNUMX倍になっています。

残念ながら、アメリカの若者にとってもデータはそれほど良く見えません。 すべての青少年および子供の約15%は太りすぎまたは肥満であり、1980年代に比べてXNUMX倍です。

肥満状態のデータ、行動リスク因子監視システム(BRFSS)の最近のデータによると、35つの州が2017%以上の肥満レベルを持っていることが示されています。 カンザス州、フロリダ州、ニューメキシコ州、ユタ州、ミズーリ州、ミネソタ州、およびニューヨーク州ではすべて、2018年から1,2年の間に大人と子供の肥満率が上昇しました。(XNUMX)

それで、なぜアメリカは全国の大人と子供に影響を及ぼす肥満の流行に対処しているのでしょうか? 肥満は、貧弱なライフスタイルの選択や食習慣と強いつながりがあります。 子供は1980年代に比べて屋外での遊びが少なくなり、子供たちが座り続けるためのビデオゲームやその他のエンターテイメントを導入する技術が進歩しました。

大人には、XNUMX時間いつでも利用できるエンターテイメントサービスと食品配達サービスがあります。 私たちの生活のすべての追加の利便性は、カロリーの過剰消費につながり、余分なエネルギー摂取量を燃やすのに十分な運動ではありません。

エネルギーの必要量に対してあまりにも多くのカロリーを食べると、体につながり、余分なエネルギーを脂肪として蓄えます。 ライフスタイルの選択肢が不十分で、炭水化物と脂肪が多く、運動量がほとんどないカロリー密度の高い食事は、肥満のレシピです。時間をかけるだけです。

1. オルリスタットとは何ですか?

肥満は、影響を受ける個人の生活の質を制限します。 しかし、多くのアメリカ人は太りすぎが健康に悪影響を与える可能性があることを認識していますが、肥満への進行を止めるために何かをすることを決める人はほとんどいません。

ほとんどの太りすぎで肥満の人は、身体の変化やカロリー制限の食事を実行するために必要な知識と規律を欠いています。 身体の変化を開始する人の場合、目標重量を達成できるのは5%未満です。

現実には、太りすぎや肥満のときに過剰な体脂肪を失うことは、ほとんどの人が克服できないと思われる挑戦です。 生活習慣の変更、食事の変更、および運動計画の開始には、肥満の個人に代わってかなりの量の献身が必要です。

ガイダンスとインスピレーションなしでは、肥満の人は体の変化でモチベーションを失い、自己破壊的な習慣に陥ります。

過去20年間にわたる栄養科学の進歩により、肥満の管理と治療に対する薬理学的ソリューションにいくつかの興味深いエキサイティングなブレークスルーがもたらされました。 医薬品研究の「聖杯」は、肥満の人が自分の体を健康なBMIに戻すことができる画期的な減量薬を作ることです。

肥満に効果的な減量薬があると言う栄養士や医師に懐疑的であるかもしれません。

オルリスタットまた、AlliおよびXenicalのブランド名で知られている、肥満の人に体格を健康に戻す機会を提供する奇跡の減量薬になる可能性があります。

太りすぎの人は、店頭で60mg(Alli)でOrlistatを購入できます。 120mg(Xenical)バージョンでは、購入と使用のために医師の処方箋が必要です。 同様に、オンラインで入手できる一般的なバージョンも多数あります。

オルリスタットは、個人の食事と運動プログラムを補完するための薬です。 したがって、ユーザーが食事と運動に多少の努力を払う必要があるため、奇跡の減量薬と呼ぶことはできません。

しかし、ユーザーの報告によると、オルリスタットは、肥満患者のニーズに合った正しい栄養と運動のガイドラインと一緒に投与すると、減量を促進するのに非常に効果的な薬剤であることが示唆されています。

18歳以上の成人は、ボディマスインデックス(BMI)が60以上である限り、店頭で25mgのオルリスタット錠を購入できます。 BMIが30を超える重度の肥満患者は、120mgのオルリスタット錠を処方して医師と相談し、 減量ダイエット.

医師は、糖尿病や高血圧などの他の健康障害にも対処している場合、BMIが120に低い人でも27mgバージョンの使用を承認する場合があります。 医療専門家の監督の下でオルリスタットを使用している個人は、薬の費用を保険でカバーするよう申請することができます。

ただし、すべての保険会社が治療をカバーするわけではありません。 Orlistatサプライヤをオンラインで見つけるのは比較的簡単で、オンラインベンダーのOrlistat価格ガイドラインは、評判と品質によって異なります。

それでは、Orlistatはどのように機能しますか?

オルリスタットは、消化管があなたが食べる食物の脂肪を吸収するのを防ぎます。 その結果、食事中の吸収されなかった脂肪は消化器系を通過し、そこで体は糞便で排泄します。

炭水化物とタンパク質には、4グラムあたり9カロリーのエネルギーが含まれています。 ただし、XNUMXグラムの脂肪にはXNUMXカロリーが含まれています。 したがって、背後にあるアイデア オルリスタットの使用 肥満の人がこのカロリー密度の高い栄養素を吸収するのを防ぐためです。

肥満の人は通常、高脂肪食を食べますが、食物の選択は健康的ではありません。 カロリー摂取量を制限し、肥満の個人の食事を健康的なオプションに変更することにより、太りすぎの個人は、身体の変化において週ごとの結果を即座に確認し始めます。

ただし、重度の肥満の人は、健康なBMIに戻る前に、食事、運動、およびライフスタイルの要因の変化に対する最大3〜5年の献身的な取り組みが必要になる場合があります。

この大きさの体重減少の変化にしっかりと留まることは、どんな人間にとっても挑戦的です。 したがって、重度の肥満の人は、結果をスピードアップするために、オルリスタットを使用して食事と運動プログラムを補うことができます。

オルリスタットは減量薬としてどのように機能しますか

2. オルリスタットはFDAによる使用が安全であると承認されていますか?

他の薬と同様に、オルリスタットはFDAによる綿密な分析とテストを実施しました。 オルリスタットFDAの承認は、1999年にCAS番号の下で行われました 96829-58-2.

FDAは1999年に臨床試験でブランド版の薬剤をテストし、訓練を受けた医療専門家の指導と併用するのに適したゼニカル版の薬剤を承認しました。 ただし、Xenicalは処方箋の下でのみ利用可能であることに注意することが重要です。

FDAは、Alli(60mg Orlistat)を18歳以上の太りすぎの人でも安全に使用できると承認しました。 ただし、60mgバージョンは店頭で購入できます。 OTCバージョンは、カロリー制限のある低脂肪の食事と一緒に使用するためだけのものですが、個人が太りすぎの場合、ガイダンスの公式な証明は必要ありません オルリスタットを購入する 店頭。

FDAは、OrlistatのブランドバージョンであるAlliおよびXenicalのユーザーにおける悪影響のすべてのレポートを追跡します。 代理店は、薬物の使用中に発生する副作用や健康への悪影響に関するユーザーから数千の通知を受け取りました。

このような多くの有害な健康報告により、一部の潜在的なユーザーを減量プログラムに含めることを恐れる可能性があります。 しかし、現実には、公衆からFDAに報告された健康上の有害事象は、AlliとXenicalにのみ関係しており、特にOrlistatには関係していません。

現在までに、オルリスタットがアライおよびゼニカルのユーザーが経験する健康上の有害事象の原因であることを示唆する臨床的証拠はありません。 これらの問題は、医薬品の製造に使用される別の成分に起因する可能性が完全にあります。

FDAは、AlliおよびXenicalの使用に関する副作用および毒性の問題の調査を続けています。 ただし、医薬品の安全性と承認の中止に関する声明はまだ出ていません。

FDAはまた、有害事象1件につき2007件しか報告を受けていないという事実についても懸念を持っています。 代理店はまた、XNUMX年にユーザーのAlliの肝臓毒性に関する試験を実施しました。

試験には、Xenicalブランド薬の使用に起因する重度の肝臓毒性および損傷に関連する前臨床、臨床、市販後、および薬物利用データの分析が含まれていました。 (3)

この研究の結果は、ゼニカルが重度の肝臓毒性または損傷を引き起こすことに関係がないと結論付けています。

ただし、FDAは、ゼニカルが原因の肝臓の損傷に関連する市販後分析で12のケースを特定し、4つはアライを使用したケースを特定しました。 証拠のさらなる研究は、脱水症、適応外または処方薬の使用などの他の要因がこれらの場合の重度の肝障害の原因を説明するかもしれないことを示します。 (XNUMX)

3. 減量薬としてのオルリスタット

次回、地元のGNCでサプリメント通路を歩いているときは、脂肪の減少セクションをご覧ください。 あなたは、パワーとピルの形式で何十もの減量製品を見つけるでしょう。 の 減量栄養補助食品 ビジネスは数十億ドル規模の産業であり、この分野を支配しようとするブランドがたくさんあります。

オルリスタットは減量薬であり、減量サプリメントではないことに注意することが重要です。 減量サプリメントの摂取量が多すぎると、おなかの痛みや刺激や体温のわずかな上昇など、軽度の熱性副作用が発生する可能性があります。

ただし、医薬品の誤用または乱用 減量薬、オルリスタットなどは、深刻な副作用を引き起こす可能性があり、長期間にわたって健康に影響を及ぼす可能性があります。

オルリスタットはうまく機能し、一部のユーザーは結果を向上させるためにプロトコルを増やすことを決定するかもしれません。 ただし、この戦略は、ユーザーの健康に深刻な問題を引き起こす可能性があります。 特に120mg形式を使用している場合は、Orlistatを医療監視と併用してください。

オルリスタットは減量薬としてどのように機能しますか

A: オルリスタットを服用して体重を減らす方法

体重減少のためにオルリスタットの使用を実施する場合、特に120mg形式の薬物を使用する場合、ユーザーは医師のアドバイスに従う必要があります。 個人が減量プログラムを開始する前に、体の変換を成功させるための正しい考え方が必要です。

太りすぎまたは肥満の個人は、薬物が問題に対する答えではないことを理解する必要があります。 適切な長期体重減少の唯一の解決策は、食事の調整​​、ライフスタイルの実践、および持続的な運動プログラムの導入です。

この考え方がなければ、肥満または太りすぎの個人は、自分の努力から望む結果が見えないとき、最終的に薬物の過剰使用に頼ろうとします。 この減量薬の過剰使用は、ユーザーの健康を害する可能性のある重度の副作用の発生を伴う可能性があります。

任意の形式でオルリスタットを使用する場合は、容器に記載されている投与指示に従うか、薬剤師が薬剤を調剤することを確認してください。 オルリスタット投与量 個人のBMIによって異なる場合があります。 ただし、処方薬よりも長く服用したり、製品の包装に記載されている薬を服用しないでください。

肥満および太りすぎの人は、特殊な低脂肪のカロリー制限ダイエットと一緒にオルリスタットを使用できます。 個人の食事計画を立てるとき、栄養士は食事中の総カロリーの30%以上を脂肪が占めないようにする必要があります。

肥満の人は、食事と運動計画に従って、医師の指示に従ってオルリスタットを服用しなければなりません。 ほとんどの投与プロトコルは、XNUMX日を通して均等に間隔を空けてXNUMX回の投薬を行います。

ユーザーが食事をスキップした場合、その食事に必要なオルリスタットの用量もスキップする必要があります。

食事をスキップするか、脂肪を含まない食事を食べる場合は、その食事のオルリスタットをスキップします。 ユーザーは、食品の栄養表示にも注意を払う必要があります。 成分と栄養素のリストを読み、高脂肪食品を避けます。

オルリスタットはまた、食事中の水溶性ビタミンの適切な吸収を妨げる可能性があります。 したがって、患者は医師に、薬を使用している間に吸収できるビタミンブランドを推奨するように依頼する必要があります。

ユーザーは、投薬量と薬物の使用も監視する必要があります。 オルリスタット 不正なスクリプトの誤用の可能性がある薬物です。 したがって、使用に注意を払わないと、他の人があなたの薬に浸ってしまう可能性があります。

オルリスタットを服用する少なくとも2時間前に、サプリメントまたは他の薬を服用してください。 この投薬戦略は、使用している可能性のある他の薬物との副作用を防ぎます。 他の形の薬を服用している場合は、オルリスタットを使用する前に必ず医師に相談してください。

B: Orlistatの使用中に避けるべきことは何ですか?

あなたの健康と肥満に打ち勝つための計画について医師と相談するときは、他のすべての健康上の問題についても医師と必ず話し合ってください。 医師は、オルリスタットを処方する前に、現在服用しているすべての薬を知っている必要があります。

一部の薬物は他の薬物と禁忌を引き起こす可能性があり、その結果、ユーザーに深刻な副作用が生じます。 次の薬剤のいずれかを使用していることを医師に知らせる必要があります。

  • 経口糖尿病薬またはインスリン使用
  • シクロスポリン(Sandimmune、Neoral、Gengraf)
  • ジゴキシン(ラノキシン、ジギタリス、ラノキシキャップ)
  • レボチロキシン(レボキシル、シントロイド、レボトロイド)
  • ワルファリン(クマディン)などの血液を薄くする薬

これは、オルリスタットの使用に合併症を引き起こす可能性のある薬の包括的なリストではないことに注意することが重要です。

医師と予約を取り、処方薬、サプリメント、および使用する他のOTC製品のすべてについて話し合い、Orlistatの使用時に相互作用を引き起こす可能性があります。

どんな状況でも オルリスタットを取る 最初に医療専門家に相談することなく。 60mgバージョンはOTCですぐに使用できますが、ユーザーはダイエットや運動計画に追加する前に医療専門家に相談する必要があります。

高用量または長期間服用すると、オルリスタットは深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。 オルリスタットで過剰摂取した可能性があると考えている人は、すぐに毒物援助ホットラインに電話して救急車を呼んでください。

薬の成分にアレルギーがある場合、患者はオルリスタットの服用を避ける必要があります。 次の病状のいずれかを扱っている場合は、オルリスタットを服用しないでください。

  • 慢性吸収不良症候群
  • 胆嚢の問題
  • 甲状腺機能低下症
  • 胆石の歴史
  • 膵炎の歴史
  • 肝疾患
  • 糖尿病I型またはII型
  • 食欲不振や過食症などの摂食障害
  • 現在、他の減量薬またはOTC製品を使用している場合

4. Orlistatを使用することで期待できる効果は何ですか?

「奇跡の減量薬」というものは存在しないことを個人が理解することが重要です。 カロリー制限のある食事と運動プログラムと一緒にオルリスタットを使用すると、肥満または過体重の個人の体重減少が促進されますが、プロセスで現実的な期待値を設定する必要があります。

オルリスタット効果 人によって異なります。おそらく、すべての個人が独自の代謝と体型を持っているからです。 ただし、脂肪の減少率は中程度であると予想できます。また、この薬を使用すると、食事療法と運動療法のみの場合よりも、週あたり数ポンド体重を減らすことができます。

しかし、急速な脂肪の減少を期待するのは非現実的です。 患者が現在の肥満状態に達するまでに数年、場合によっては数十年かかった可能性があります。 したがって、脂肪が一晩、または数か月で溶けてしまうことを期待すると、ユーザーは結果に意欲を失い、がっかりします。

医師は、臨床的に意味のある体重減少を、人の体重が5年で40%以上減少することと定義しています。 調査では、XNUMX%以上が Orlistatユーザー 医師と栄養士の専門家のアドバイスに従えば、この目標を達成できます。

また、定期的な運動とオルリスタットの使用に加えて、カロリー制限食を食べていた人は、オルリスタットを使用しなかった対照群よりも平均で5.7ポンド減ったことを示しています。 (5,6)

1.) Orlistatを使用する利点は何ですか?

適切に構成され、監視された減量プログラムの一部としてオルリスタットを使用することには、大きな利点があります。 この薬は、体が脂肪を吸収するのを防ぐのに効果的であり、それによって患者が摂取する総カロリーのかなりの部分を劇的に減らします。

しかし、オルリスタットは減量食への有用な追加物であり、顕著な効果をもたらしますが、人々がこの薬を松葉杖として使用すべきではないことを強調することはできません。 減量プログラムの基礎として処方薬またはサプリメントに依存している個人は、不満な結果を経験します。

一部の個人は、食事や運動レベルを変更せず、代わりに、作業を行うためにオルリスタットに依存しています。 しかし、これらの個人は減量の結果に失望するでしょう。

オルリスタットの利点 定義された構造と明確な目標を持つ減量プログラム。 患者が自分の体の変形だけを完了するための知識や動機を持つことはほとんどありません。

したがって、栄養士とトレーナーを雇い、ダイエットとエクササイズのプログラムに従うことは、減量プログラムを実施するすべての人にとって必須です。

ほとんどの太りすぎおよび肥満の人は、健康的な食事と運動を始めてから最初のXNUMX週間で大幅な体重減少を経験します。これは、サプリメントやオルリスタットなどの薬物を導入する前です。

ただし、一部の個人は、適切な食事と運動プログラムを行っている場合でも、すべての体重を減らすのに苦労する場合があります。 他の人は、自然な方法を使用すると、進行が急速にプラトーになることを発見するかもしれません。 これらの個人は、オルリスタットがこの状況で彼らに恩恵をもたらし、身体の変化を通じて着実な体重減少を経験することを発見するかもしれません。

2.) オルリスタットを使用するリスクは何ですか?

オルリスタットの使用を検討している個人は、減量薬の使用に関連するオルリスタットの副作用のリストを確認するのに時間がかかるはずです。 オルリスタットは、有資格の栄養士によって肥満者向けに計画されたカロリー制限食と一緒に使用するために設計された強力な薬剤です。

OTCバージョンの医薬品は、処方箋なしですぐに購入できる可能性がありますが、事前に医師に相談せずにOrlistatを使用しないでください。

患者へのゼニカルの投与を含む臨床試験では、27%が下着に油性のしみを発症し、24%のユーザーがガスに続いて不随意の糞便を経験し、22%のユーザーが糞便の切迫感を発症し、11%が増加した排便回数、8%が便失禁を経験しました。

ほとんどのユーザーにとって、下痢は、特に減量薬の使用を最初に開始するときに、薬を使用する一般的な副作用でもあります。

薬に対するアレルギー反応はまれであり、Orlistatを使用して最初の数週間でユーザーが経験する典型的な副作用には、次のようなものがあります。

  • 下着の油汚れやしみ
  • 脂肪便または油性便
  • 便中の茶色またはオレンジ色のオイル
  • 油性放電を伴うガス
  • ゆるい便、糞便の切迫感の増加、およびユーザーが排便を制御できない
  • 排便の頻度の増加
  • 吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、直腸痛
  • 疲労と脱力感、粘土色の便、黒ずんだ尿、食欲不振、かゆみ、黄undの出現(目や皮膚の白化)

オルリスタットを服用するときに患者が経験するその他のあまり一般的でない問題には、以下が含まれます。

  • 歯茎と歯の問題
  • 風邪のような症状の発症
  • インフルエンザ様症状の発症
  • 頭痛と背中の痛み
  • 軽度から極度の皮膚発疹

ユーザーは、これがOrlistatの使用時に発生する可能性のある副作用の包括的なリストではないことに注意する必要があります。 薬に対する副作用や副作用が発生した場合は、1-800-FDA-1088でFDAに報告してください。

5. ユーザーはOrlistatについて何と言っていますか?

ユーザーによるインターネットのレビューを見てみると、薬物の使用の賛否にかかわらず、さまざまな結果につながります。 オルリスタットのレビュー 顕著な結果を受けた個人から、最悪の副作用を経験した個人までの範囲です。

ただし、肥満であるか、27歳以上のBMIを持つ人が関与している場合の大部分は、この薬で前向きな経験をしているようです。 私たちが発見した減量薬のすべての肯定的なレビューは、医療専門家の手で身体の変化を経験している情報に基づいたユーザーからのものでした。

したがって、これらの個人は減量戦略を正しく構築しました。 彼らは皆栄養士を雇い、医師と定期的に四半期の健康診断を受け、医療専門家から助言された投与プロトコルに固執しました。

以下は、オンラインで見つけた実際のオルリスタットの結果の例です。

私の名前はロンであり、私はそれが私の人生を台無しにするほど肥満でした。 機動性が窓から出て行き、私の健康状態が悪化したため、私は医者に助けを求めました。 医師は栄養士と連絡を取り、その日のカロリーの必要性を理解しました。

6か月間、よく食べて毎日走り続けた後、良い結果が見られましたが、私の進歩は行き詰まり始めました。 医師は、ゼニカル(オルリスタット)を試すよう勧めました。 私はそれをあまり考えなかったが、薬を使用してXNUMX日目以降、私の体重減少は続いた。

XNUMX年後、私は新しい人のように感じます。 目標体重の半分になったので、ポンドが下がり続けます。 "

-

ロンスワンソン、ジャクソンビル、フロリダ州、米国。

誰もがこの結果を経験するわけではないことに注意することが重要ですが、これはすべてがうまくいったときに期待できる結果の良いベンチマークです。

この例では、Ronの結果は最適な結果でしたが、正しい医療監視が行われていれば、他の人が同じ結果を自分で再現できないと言うわけではありません。

6. オルリスタットを減量薬として使用するための重要なポイント

肥満は、全国のアメリカ人の健康に対する脅威です。 肥満の割合は、成人、XNUMX代、および子供の両方で増加しており、米国の南部および東部州は、拡大する流行によって最も大きな打撃を受けています。

肥満は、糖尿病、高血圧、心臓病など、多くの慢性的な健康問題の発生につながります。 この状態は、18歳から40歳までのすべてのアメリカ人の85%の死亡の原因でもあります。

多くのアメリカ人は、減量プログラムを加速するために薬やサプリメントに頼っています。 しかし、これらの個人の多くは、他の減量方法に頼る前に、ライフスタイルの習慣、食事、運動を変更するのに十分ではありません。

アメリカ人は、体脂肪を減らすことに近道がないことを理解する必要があります。 正しい食事と運動習慣の知識を得ることが、体重のコントロールを取り戻すために重要です。 潜在的に有害な減量薬の使用に頼る前に、まずあなたの摂食権と正しい運動を確実にすることが最善です。

減量の目標について医師と相談した後にのみ、オルリスタットの使用を検討してください。 貴方の医師は、あなたの脂肪減少のカロリー要件を満たすダイエット計画のために資格のある栄養士にあなたを送ります。

減量プログラムを試みている個人は、結果を見たい場合は、周囲にチームを構築する必要があります。 医師、栄養士、理学療法士、パーソナルトレーナーがサポートチームを結成し、減量の目標を達成するための道の障害を克服する最良の機会を提供します。

オルリスタットは、ジェット燃料を微調整されたパフォーマンスエンジンに追加するようなものです。 患者が食事と運動習慣を管理している場合、オルリスタットなどの減量薬を追加すると、結果が大幅に向上します。

オルリスタットの服用を決定する前に、患者は医療の専門家と相談して、治療の資格基準を満たしているかどうかを確認する必要があります。

Orlistatでのユーザーエクスペリエンスの結果を確認するとき、それは結果の混合バッグです。 しかし、医師の指示でオルリスタットを服用し、適切なサポートチームを雇用した個人は、希望する結果を達成しているようです。

反対に、Orlistatの使用に関してひどい経験をした人はたくさんいます。 このため、個人がオルリスタットを医療専門家の管理下に置くことは非常に重要です。

オルリスタットは、肥満および太りすぎの個人に、減量の努力を強化するためのFDA承認済みの店頭オプションを提供します。

また、薬物を使用しているすべての患者は、薬物の使用中も継続的な行動の修正に関する教育を必要とすることに注意することも重要です。

リファレンス

  • アンダーソンJW、シュワルツSM、ハウプトマンJ、他 軽度から中程度の過体重の個人の体重に対するオルリスタットの低用量効果:16週間の二重盲検プラセボ対照試験。 アン・ファーマザー。 2006; 40(10):1717-1723
  • スミスSR、ステンロフKS、グリーンウェイFL、他 オルリスタット60 mgは、内臓脂肪組織を減らします:24週間の無作為化、プラセボ対照、多施設試験。 肥満(シルバースプリング)。 2011; 19(9):1796-1803。
0 いいね
36ビュー

関連商品

コメントは締め切りました。